ガチャに天井が設けられたことでこれまで重傷だった財布が軽傷になり、心に生まれた余裕とともに好感度を100%(定期)にして、しばし休息の後にLv99カンストを達成した。

この笑顔とムチムチ具合、正直、堪りません。


erudora01


コストは素38、下限35。


erudora08


同職となる真竜戦士は、イベ黒の竜姫アーニャ、帝国小説1巻の青の竜皇女シャルムがいる。

比べてみると、エルドラは攻撃力、アーニャが防御力と魔法耐性、シャルムはHPが優れていることが分かる。



スキル『魔剣バルムンク』は、物理と魔法に対する無効化に特化した避雷針型。

S覚醒『神剣グラム』は、攻防に特化した純粋強化型(+暗殺)。



erudora02


さりとて、スキル『魔剣バルムンク』にも攻撃1.7倍があるため、覚醒アビリティ『ロードオブドラゴン』の攻撃力+15%もあってなかなかの数値になる。

覚醒王子(攻防+20%)、セーラさん(HP攻防+10%)のバフ込みで、スキル点火の有無でそれぞれ1枚目、2枚目の数値に。

また、セーラさんのスキル点火(攻防1.5倍)でのステータスが3枚目。


erudora04
erudora05
erudora06


これがS覚醒『神剣グラム』であれば持続も長く、攻防ともに3倍になるため、より高いステータスを得ることができる。

デメリットは、2回目以降の攻防が3倍→1.5倍になること、暗殺が「中確率」→「まれに」になること。

段階強化ではなく初回のみ超強化というタイプなので、やはり運用としては強敵への差し込みが主体になると考えられる。

どちらにも長所と短所があり、単純な上位互換となっていないところが悩ましい。



好感度補正は、攻撃力と防御力。

なんだか中途半端な数値に思えるが、これはこれで意味があるのだろうか。


erudora07