白の帝国のヒーラーもロリだったかぁ(歓喜)


白雪のような太ももが眩しい(膝枕で癒して欲しい)アウローラの【ハイエロファント】【オラクル】のLv99カンストを達成した。

合法! 合法だから!!

auro02
auro01

コストは素22、下限19。

【第二覚醒】による変動は無し。

auro08

【第一覚醒】からのステータス及び変更点は、


【ハイエロファント】 : HP+405 攻撃力+54 防御力+38 自身の毒、状態異常を完全に無効化することができる

【オラクル】 : HP+135 射程+10 50%の確率で敵の攻撃を完全に無効化する


【ハイエロファント】はステータス増加と状態異常の無効化が付加され、【オラクル】はHPと射程、確率の無効化を得た。

イリス以降、2人目となるヒーラーの記事を書いたが【第二覚醒】の実装一番手だった影響からか、特にステータスの伸びがかなり控えめに設定されていることを再認識した。

そのため【ハイエロファント】「自身の毒、状態異常を完全に無効化することができる」特性以外に顕著な差は無い。

【オラクル】「50%の確率で敵の攻撃を完全に無効化する」特性も強力だが、そもそも敵の攻撃を被弾しないような配置を心掛けた方がいいし、ヒーラー(アウローラ)の耐久力で50%は運ゲー寄りになる可能性が高い。

もちろん全体攻撃や巻き込みの範囲攻撃などを仕掛けてくる敵も多々いるため、無効化によって凌げるような戦局であればその特性が有利に働くだろう。



スキル『光のヴェール』は高倍率だが持続が短めで、S覚醒『極光の祈り』は倍率は下がるが持続が伸び、2体まで同時に回復できる。

そして、どちらにも共通して『自身を含む範囲内の味方の魔法耐性2倍』の効果がある。

auro04

魔法耐性も防御力と同じでダメージの最低保障があり魔法耐性90↑は意味が無いらしいが、耐性の底上げとしてこれほど頼もしいものもないだろう。

当然、耐性が低いほど得られる効果も薄くなるが、それは高倍率の防御力バフを有するイリスも同じなので、結局は組み合わせ次第ということになる。


以上を踏まえて私見を述べるならば、


ステータスUPと状態異常無効化の【ハイエロファント】を推したい。


繰り返しになるが、ヒーラーに関してはどちらの分岐を選んでも今のところ顕著な差は無い。

【ハイエロファント】が有利になるのは「麻痺」がギミックになるステージくらいだし、【オラクル】【ハイエロファント】と比べて射程と無効化を活かせるステージがどれだけあるのかという話になる。

このとき、あって損は無いと考えるなら【オラクル】を選択するのが良い。

【ハイエロファント】を推したのはあくまでアウローラの射程は既に十分あり、状態異常の無効化という一点でアドバンテージを得られる可能性を考えた結果である。

故に、【第一覚醒】のままにしておくというのも選択肢の一つだろう。



好感度補正は、攻撃力と射程。

攻撃力は覚醒アビリティ『帝国治癒師長の誇り』の自己バフとの相性も良く、射程はスキル及びS覚醒の効果範囲の拡大として非常に優秀と言える。

auro05

総じて、魔法耐性のバフに特化したヒーラーとしての運用が期待できる。

ただ、対象となる味方ユニットによってその効果は大きく変わるし、ステージや敵の魔法攻撃、威力、速度、数などの要素にも左右されるため、効果的に運用したという実感を得るのはなかなか難しいかもしれない。

とは言え、アウローラを活かす戦術は確実にあり、私としてはいつか活躍させられる日を楽しみにするだけである。