永き時を経て遂に仲間入りを果たした!! 完!!


覚醒魔王の次回策にご期待ください。

かつての魔王親衛隊がなんやかんやあって王子軍の盟友となったシャディアの【第一覚醒】のLv99カンストを達成した。

syadia01

コストは素30、下限25。

【第一覚醒】及び職特性などによる変動は無し。


覚醒アビリティ『不屈の叛逆者』のHPバフと魔界適応、死亡撤退無しの復活という「不死性」を有している。
(※Lv99でMAXHP3907、復活までに要する時間は26.05秒[秒間150回復]

また、職特性「攻撃がヒットした敵の攻撃力を一定時間30%減少」によって、表示ステータス以上の耐久力が得られるのも大きな特徴と言える。

スペックだけならブロック数1の近接ユニットだが、スキル『ソウルバイト』S覚醒『イビルサイズ』で運用にかなりの違いがあるので、それぞれ見ていきたい。

syadia04

まずは、スキル『ソウルバイト』について。

攻防の自己バフ、攻撃毎の吸収という点で類似したイベ白のヴァンパイアクイーンであるカルマを比較対象とした。

syadia02
syadia03

攻撃 : シャディア「防御力と魔法耐性無視攻撃(貫通攻撃)」 カルマ「魔法攻撃」

攻撃毎のHP吸収量 : シャディア「195」(5%) カルマ「460」(10%)

味方からのHP回復 : シャディア「可」 カルマ「不可」

スキルの初動/再動 : シャディア「初動1秒/再動65秒」 カルマ「初動15秒/再動30秒」


スキル中のステータスは以下。(※覚醒王子込み)

シャディアの方が攻撃力が高く、貫通攻撃のため敵に与えるダメージ量はカルマを上回る。

最大HPとHP吸収量ではカルマに及ばないものの、味方からのHP回復を受けられる利点があり、防御力の差は職特性の攻撃力デバフを鑑みれば敵の攻撃力が高いほどシャディアが優位となる。(でもワンパンは勘弁な!)

初動1秒はさすがの黒で差し込み適性は高いが、後衛軍師などの「スキル再使用時間の短縮」と合わせなければ再動が長く、非スキル中はHP吸収も無いため、スキルの複数回使用を前提とした隔離状態での餅つきであればカルマに分がある。

また、HP0から一定時間で復活するとは言え、任意のタイミングで狙った敵を捕まえるのは緻密な調整と試行錯誤が必要になるので、できれば貫通攻撃の火力を活かしつつ他ユニットとの連携などでスキル中に押し切りたい。

しかし、魔神級ともなればスキル中に倒すのが厳しい敵が多いこともあり、一時的な抑え役&削り役としての運用も視野に入る。

syadia05
syadia06

続いて、S覚醒『イビルサイズ』について。

攻撃力の自己バフ、貫通遠距離攻撃という点で類似したイベ黒の皇帝である白の皇帝を比較対象とした。

syadia10
syadia11

射程 : シャディア「240」 白の皇帝「250」
 
スキル中の攻撃回数 : シャディア「22回」 白の皇帝「40回」


スキル中の総ダメージ : シャディア「33,484」(HP減少-1%/0.5秒) 白の皇帝「68,640」

スキルの初動/再動 : シャディア「初動5秒/再動80秒」 白の皇帝「初動1秒/1回限り」


スキル中のステータスは以下。(※覚醒王子込み)

どちらも遠距離の貫通攻撃ではあるが、(1回限りという制限はあるものの)多くの点で白の皇帝が上回っている。

シャディアを採用するなら「白の皇帝との併用」「2回以上のスキル使用」「敵の攻撃力デバフ」などが挙げられるだろうか。

あるいはティニーがいればシャディアにバフが乗り、セーラさんなら白の皇帝にバフを乗せることができるといった感じで、他ユニットとの兼ね合わせで考えることもできる。

syadia07
syadia09

好感度補正は、HPと攻撃力。

シャディアにとって外れになるような補正は無さそうだが、耐久力と火力を伸ばす補正は申し分ない。

syadia08

総じて、多様な役割をこなせる良ユニットと言える。

差し込みで強敵を抱えるもよし、遠距離アタッカーとなるもよし、攻撃力デバフを撒くもよし、復活調整で効率よく運用するもよし。

5周年のイベントで入手できるユニットとしては十分な性能であるし、白の皇帝のように交換所に常設あるいは高頻度で復刻される可能性があるのも長所の一つだろう。

戦局を左右するほど強力なユニットではないが、ここぞという場面で選択肢に入るだけの性能を有している。