ハァ・・・ハァ・・・敗北者?

取り消せよ! 今の・・・いや、勝者だこれ!!!



知ってた知ってた。

【第一覚醒】の時点で超火力だったデューオがさらに強化された【エル・ドラゴ】【ネプチューン】のLv99カンストを達成した。

dhuo00
dhuo01

コストは素18、下限15。

【エル・ドラゴ】分岐のみコスト-3のため素15、下限12。

dhuo02

【第一覚醒】からのステータス及び職特性の変更点は、


【エル・ドラゴ】 : HP+196 攻撃力+85 防御力+89 コスト-3 1体のみ配置可能で出撃数に含まれず物理攻撃を50%で回避するトークンを使役

【ネプチューン】 : HP+65 攻撃力+28 射程+20 魚人タイプの敵に対して攻撃力1.3倍 スキル再使用時間を45%短縮


【エル・ドラゴ】は、ステータス上昇とコスト減、固有の海賊トークンを得て、【ネプチューン】はステータス微増、射程が伸びて魚人特攻が付き、スキル再使用時間の短縮を得た。

【エル・ドラゴ】の魅力は海賊トークンを使役できるようになったことで、壁役や避雷針を単独で賄えるようになった点は大きい。

一方、【ネプチューン】【第二覚醒】ではお馴染みのスキル再使用時間の短縮のおかげで後衛軍師無しの戦略が可能となった。

ただ、【ネプチューン】の魚人特攻に関しては現状だと魔神ウェパルで活用するくらいなので、今後新たに魚人ひしめく魔神級が実装されない限り重要度はさほど高くはない。
 

デューオの真骨頂とも言えるS覚醒『ダブルガトリング』の両分岐の段階ステータスは以下。(※覚醒王子込み)


【エル・ドラゴ】

dhuo03

【ネプチューン】

dhuo04

両分岐の違いは主に「攻撃力」と「射程」になるが、誤差と言えば誤差であるため、むしろ戦局を分ける要因となるのは「海賊トークン」と「スキル再使用時間の短縮」だと私は考える。

【エル・ドラゴ】は「海賊トークン」で壁役を節約できる可能性があり、【ネプチューン】は「スキル再使用時間の短縮」で後衛軍師を配置しない運用ができる。

どちらがより優位かは戦況次第だが、どちらがより望ましいかは王子次第と言える。


ちなみに、海賊トークンのステータスは以下。(※覚醒王子込み)

低コストでありながらHPが高めで、物理攻撃回避を含めれば強敵相手でも多少の場持ち(運ゲー)は期待できる。


海賊手下【剣】Lv99 : 所持数5 コスト3 出撃枠消費無し 物理攻撃50%回避

dhuo05

以上を踏まえて私見を述べるならば、


ステータス上昇と海賊トークンの【エル・ドラゴ】を推したい。


私個人としては「スキル再使用時間の短縮」が最少編成で有用であることもあり、【ネプチューン】分岐も良いものであるのだが、総合的な使い勝手を考えると【エル・ドラゴ】に軍配が上がる。

他の【第二覚醒】でもそうだが、基本的に後衛軍師は編成入りさせておいて損はないと考えているので、「スキル再使用時間の短縮」の分岐をオススメしたことは無い(はず)。

今回も同様に「スキル再使用時間の短縮」ではない【エル・ドラゴ】の分岐をオススメする形となったが、私にとってはどちらも大勝利の分岐となった。やったね!