時の調停者トワのアビリティ【ヘイスト】に関して投稿した検証動画は2件。





結論から言うと、



【ヘイスト/時空干渉】による待機モーションの短縮率は『20%』。



特筆すべきは、覚醒前アビリティ【ヘイスト】と覚醒後アビリティ【時空干渉】の短縮率に違いがないこと。

つまり、トワを編成に入れれば、未CCLv1であろうと覚醒Lv99であろうと残りの14ユニットすべてが待機モーション短縮の対象となる。


実戦力としなければ育成を一切しなくていいというのは、大きなメリットであると言える。

注意点として、スキル時間中の攻撃回数が増えないユニットもいるといったパターンもあるため、過信は禁物ということ。

ただ、常時短縮であるため、通常攻撃も含めればその恩恵はやはり強力である(実感はしづらいが)。